2017年11月18日土曜日

2017年 11月(1)

ホットカーペットを出すときに大きな箱と隣の箱の間にあった重たいカートが左足の
指に落ちて来てから二日後、指は鬱血して変な色になっている。痛くてしばらく寝転
がってた。ここ数ヶ月、何だかおかしい。会話中に全然ちがう言葉が出てきたり、食
事中に持っている取り皿を突然落としたり、自転車の鍵を取り忘れたり、忘れ物した
り、洗顔フォームで歯を磨いたり、現実と区別がつかないような変な夢ばかり見たり。
押しつぶされそうな日々の中で走る一駅の自転車の距離は静かで心地いい。ダラス・
バイヤーズクラブという映画を観ながらもはてしない人生の距離に立ちすくんだけれ
ど。とてもいい映画だった。生きるってことが写っていた。そのあとに観たローラー
ガールズ・ダイアリーは最高に楽しくてなぜか泣いた。

2017年10月29日日曜日

2017年 10月(1)

アルバムのレコーディング、僕以外は東京で進んでいる。今までのソロ作品はすべて
自分で演奏してきたけど今回は大好きなミュージシャンに演奏してもらうことになっ
た。ベースはサニーデイ・サービスの田中貴さん、ドラムはノーザンブライト原"GEN"
秀樹さん、キーボードはtoeや木村カエラで活躍している中村圭作君に。新井君からレ
コーディングが終わる都度ミックスされた音源が届いて胸を熱くさせている。バンド
のレコーディングはすべて終わりまた関西で僕の歌やギターのレコーディングがある。
とてもいいアルバムができてきている。

カメラマンの鮫島良佑さんの事務所でアルバムのジャケット写真とアーティスト写真、
そしてリード曲のミュージックビデオの撮影もすこしした。前日に公園で撮影予定だ
ったけど台風の大雨で延期になった。お昼から夜まで色々と話しながら撮影は続いて
とてもいい時間だった。後日、鮫島さんと電話で進めながらジャケットデザインが完
成。人生で一番自分の顔を見た一日。


2017年9月30日土曜日

2017年 9月(3)

来年に出すアルバムのレコーディングが始まった。新井君に関東から来ていただい
て1日8時間の3日間。何度も同じフレーズを弾いたり、何度も歌ったり、アイデ
アを出したりイメージしたりと あっという間の三日間だった。家に帰ると、とん
でもなく眠たかった。眠たくて起きてられない。10月は新井君やすばらしいミュ
ージシャンが録音していただいて、11月にまた関西でのレコーディングがある。
完成したCDを買ってくれるだろうか。聴いてくれるだろうかとふと思う。

娘を後ろに乗せ、自転車で一駅先の本屋とマクドナルドへ。帰り道の河川敷で娘が
何度かためらいながらも大きな声で何度も「おーい!」と叫んでいた。羨ましかっ
たし微笑ましかった。


2017年9月20日水曜日

2017年 9月(2)

月末になり食費を節約をしだしたころに作るご飯は美味しくなる。多分それは作り
過ぎないことと野菜と肉や魚のバランスがよくなる。いつも心がけるけど最初の方
はついつい唐揚げとか作ってしまう。

アグラオネマという観葉植物を買った。あのレオンという映画で主人公のジャン・
レノが持ち歩いている植物。とりあえずセリアでプラスチックの鉢を買ってきて、
コーナンで霧吹きも買った。土に水をあげたり葉に霧吹きをしていたら葉が上に向
かってシャキっとしてきた。なんとも愛らしい。


2017年9月17日日曜日

2017年 9月(1)

来年の春前にアルバムをリリースすることになった。沢山の作品を自分で作ってき
たけど全国流通盤ははじめてになる。今月から新井仁さんとレコーディングが始ま
り年内にはすべて録り終えることにことになる予定で進めていて、アルバムのジャ
ケットとビデオの撮影は鮫島良佑さん、デザインは僕自身で進めている。コーラス
を友達の女の子にお願いしたり、ビデオに出てくれる友達の子に声をかけたりと僕
のイメージするものに近づけて、超えていけそうな予感。今までのベスト盤といっ
たものにしながらも曲は録り直すので新しい作品になるので、今まで聴いてくれた
みんなには聴いてほしいなと心から思う。妙に冷静なのは今まで本当に色々なこと
があったからだと思うし、すこしは大人になったのかもしれない。


2017年8月16日水曜日

2017年 8月(2)

夏の予定にあったライブが終わって二日間眠気となんかでぼーっと過ごした。胃腸
も悪くおかげで食事に気をつけていい時間かもしれないなと思うようにしている。

ここ三ヶ月間、音楽の神様がいるかもしれないと思うような嬉しいハプニングが続
いた。いるかは知らないけど。来たる日に向けて体調をいい感じのところまで戻し
たいなと思っている。次会う頃にはいいニュースと髪も髭も伸びてすこし痩せれて
いたらいいな。


2017年8月4日金曜日

2017年 8月(1)

気がつけば二ヶ月とすこし経っていました。続ける難しさを感じている最中にとど
めのような出来事があり”ぼきっ”と心が折れた次第です。決まっているライブを思
いっきり歌ってと考えていたらライブオファーにCDの注文、音楽の嬉しい感想や
色々なことが続けておきて不思議に思いつつ音楽の神様はきっといないし顔も見た
こともない。

6月3日に急に誘った友人が会ってくれて仕事のことやこれからのこととかをぐっ
たりしながら話した。「元気ないよね?」と聞くと「覇気がないです。」と言って
笑いました。そのあと変なおじさんにからまれて懐かしい気持ちにさえ。カラオケ
で玉置浩二やくるりやレキシなんかを歌って帰る。そのあと届いたラインのメール
が励みで今でも時々読み直している。

7月8日の大阪でのライブも思いっきり歌う。いい話ができた日で沢山お酒も飲ん
だ。7月17日のライブも同じく、ただこの日は2曲目から頭がくらくらして倒れ
そうだった。暑さのせいか、体調もあり極度の緊張のせいか、燃え尽きるように。
7月22日は六甲のお店の4周年で水餃子屋さんをした。220個を友達と包んで
沢山の方に食べてもらった。料理はずっと趣味のままでいたいと思った。

8月1日、そして3日、仲のいい友人と飲みに行きおだやかで楽しい時間を過ごす。
家に帰ってそんな状況はとても特別なんだと思い知る。

間では娘と市民プールに行ったり。

来週のライブがとりあえず決まっているライブではこれだけ。6月3日のことから、
ここまで続いていたことにすこしびっくりしている。「諦めにも似た情熱」って言
葉がたしか東京No.1ソウルセットの歌詞であったように記憶しているけど、僕なり
にやっと意味がわかった。